CMS入稿

はじめての三国志のCMS入稿(初稿・整形・校正)

 

はじめての三国志のWordpressへCMS入稿作業者専用のページです。

このページでは初稿担当者(1次入校者)を中心に解説していきます。

 

1.原稿のタイトルを貼り付けます

 

2.ビジュアルモードで原稿を貼り付けます

 

 

3.カテゴリを【初稿】に設定します

 

 

4.原稿を整形とルビ振り・校正を行います

 

人物名の漢字自体を間違っている可能性があるため、人物名もしっかりと確認をお願いします。

ルビ振りの対象は以下になります。

 

例:人物名

曹操そうそう

 

例:特殊な漢字

甘蕉ばなな

 

例:地名

益州えきしゅう

 

例:戦争名・事件名・出来事名

夷陵の戦いいりょうのたたかい

お由羅騒動おゆらそうどう

 

整形とルビ振りの方法は下記を参考にしてください。

 

5.見出しを設定します。

 

原稿内の ■ 部分が見出しになります。

■の記号部分は削除してH2⇛H3⇛H2⇛H3と交互に見出しを設定してください

最後の見出しは、H3で設定してください。

 

例:■三国志ライターの独り言

 

という部分はH3で終えてください。

 

8.画面下部の「記事の表示設定」のチェックボックスを埋めます

 

 

中国史に関するCMS入稿は「記事の表示設定」のチェックボックスを全て埋めてください。

中国史以外のCMS入稿の場合は、「記事の表示設定」のチェックボックスは埋めないでください

 

7.画面下部のAll in One SEO packを埋めていきます

 

 

タイトルは、CMS入稿のタイトルを入れてください。

 

 

ディスクリプションはリード文(冒頭文)を全て入れてください。

 

 

ルビ振りをすると、人物名のところがおかしくなるため、

人物名のところには()で閉じてください。

 

例:曹操(そうそう)部分になります。

 

 

8.画面下部のキーワード (コンマ区切り)はを埋めていきます

 

 

キーワード (コンマ区切り)は半角コンマ「,」を4つ入力してください。

 

9.レビュー待ちとして送信

 

 

最後に、全体図を確認していただき、右上の「プレビュー」で完成図を確認してください。

ここで最終チェックをしていただき問題なければ「レビュー待ちとして送信」を押し完了です。

この後は2次入校者が確認を行います。

お疲れ様でした。

ピックアップ記事

  1. 三国志人口を増やすには、元々歴史が好きな層へのきっかけを提供すべき
  2. 文章類似度算出(速攻ハック版)の使い方
  3. 報酬の支払いと支払いサイクルについて
  4. 「はじめての三国志」が制作したコンテンツが鬼速PDCAされるまで
  5. はじめての三国志のCMS入稿(二次入校者・メディア挿入・SEO対策)

関連記事

  1. CMS入稿

    CMS入稿時のルビ振りと整形方法

    人物名には必ずルビ振りをお願いします。…

  2. CMS入稿

    ルビ振りが正常に出来ないエラーの回避方法について

    第一入校者(初稿)の入稿作業の方は、Wor…

  3. CMS入稿

    保護中: WordPressの入稿作業【作業内容&案件確認】

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  1. ライティング

    保護中: 重複コンテンツ・類似ページ対策のレギュレーション
  2. メンバー

    【デザイナー】欅
  3. メンバー

    【ナレーター】宇治 一世
  4. メンバー

    【ライター】黒田レン
  5. マーケティング

    とりあえずブログにコンテンツを載せるというのは愚かの極み。ブロガーは最適なプラッ…
PAGE TOP